店舗解体の流れ教えます

店舗解体についての情報がいっぱい!

店舗解体を依頼する際の流れ

店舗解体を依頼する際の流れ 店舗解体を依頼するにあたっては、店舗がビル内に入っている場合まずその管理者と相談するところから始めるのが一般的です。
基本的に契約書の内容に沿った工事を行うことになりますが、返却時の状況によっては修正が入る場合があるので必ず詳細を直接打ち合わせましょう。
そのうえで決まった工事の内容や範囲を踏まえ、店舗内の残置物の撤去を行っていきます。
その際には残置物の撤去とともに、ライフラインの停止も進めるようにしてください。
ただ、水道に関しては解体工事中に利用することがあるので事前に止めて良いかを確認してから手配をするのが良いでしょう。
なお、どこにお願いするかが自由に選べる場合、いくつかの業者の見積もり結果を比較したうえで決めるのがおすすめです。
無事業者の選定を終えたら、実際の作業は依頼先が行うため特にやるべきことはありません。
業者が行う作業としては、養成の設置を行い床材を撤去し、産業廃棄物の処分をしてくれるのが一般的です。
無事完了報告が届いたら、最後に細かい清掃を自分で行いつつ作業が適切に行われていることを確認できたら完了です。

実際に店舗を解体するまでの流れはどうなるのか

実際に店舗を解体するまでの流れはどうなるのか 店舗の解体工事をする前にも必要な手順があります。
その建物の所有者である賃貸人と借りている賃借人の両方の合意を得ることです。
賃貸借契約を結んだ時の制約のもと話し合って工事を依頼しなければなりません。
解体業者が決定したら、周辺や現地の調査が行われます。
事前に広さなど伝えていたとしても、実際は違ったり予定外の工事が発生してしまうかもしれません。
建物の状態だけでなく近隣の調査をすることも大事です。
同じテナントで営業している店舗があれば営業時間を考慮して行う必要が出てきます。
近隣の住民へ挨拶をすることもしなければならなく、騒音や振動など理解してもらはないといけないのでご挨拶に伺うことが大事です。
工事が始まる前には、店舗内に残された家具や荷物を撤去する必要があります。
不用品の撤去がすんだら水道、ガス、電気などのライフラインを止める必要が出てきます。
そしていざ工事が始まります。
ここまで書いたように工事までに行う流れはこんなにもあるのです。

 

Copyright (c) 2020 店舗解体の流れ教えます. All rights reserved.