店舗解体の流れ教えます

店舗解体にかかる期間

店舗解体にかかる期間

店舗解体にかかる期間 店舗の解体に必要となる期間は店舗の規模や依頼する業者による違いが大きいので、しっかり比較して選ぶことが大切です。
工事着工日の一週間以上前に工事業者と契約を結び、業者にリサイクル法の届け出と事前周知の標識の設置を行なう必要があるので依頼してすぐに解体できるわけではないことも頭においておくべきです。
工事にかかる日数は、建物の規模や作業がしやすいか、周りの環境などにより異なりますが、木造家屋の場合には四日から十日程度となることが一般的です。
数多くの業者が存在していることもあり、業者の決定に一ヶ月程度と、見積もりの際に分かる工事期間、そして書類準備と届出までに必要になる一週間から二週間をトータルすると、およそ二ヶ月ほどはかかると考えておくべきです。
どの程度の日数が必要になるか理解しておき、余裕を持って依頼することが大切です。
業者の経験やスタッフの人数、依頼するタイミングによる違いも当然ありますが、事前に教えてもらえるので複数を比較して選ぶようにしましょう。

店舗の解体をするときはタイミングも重要になる

店舗の解体をするときはタイミングも重要になる 店舗の解体を業者へ依頼するときはタイミングも重要で、実は見積もり金額は時期によって変動します。
同じ依頼するなら安く抑えたいと考えるのが普通で、費用は年末の12月ごろと年度末の3月ごろが高くなる傾向があり、事前に公表されている坪単価はあくまで目安なので注意が必要です。
また、見積もりは有効期限があります。
店舗解体の見積もり金額が時期により変わる理由は、年末と年度末は工事が繁忙期になり、年が変わるときと決算が行われるときに店を工事して、閉店をしたい店などが多いためです。
他に固定資産税の関係で年末までに工事をしたい場合も多いようです。
この時期だと業者も無理な値引きまでして仕事を受注しようとしませんし、値引きをしなくても依頼が入るので依頼者側にとっては少し不利になります。
逆に繁忙期を避けてから依頼をすると見積もり金額が探す可能性もあります。
坪単価はホームページなどで事前に公表していたりしますが、いつでも同じ価格で工事をしてくれるわけでもありません。
この単価はあくまで目安に過ぎず、実際は現地見積もりなどをしてからそれ以外の費用を加えてから全体の費用を出します。

 

Copyright (c) 2020 店舗解体の流れ教えます. All rights reserved.