二十代の白髪なら、染めなくても治る場合があります

若い人ほど、頭が白くなってくると気になるかもしれません。1本2本ならともかく、同世代の友達と比べて目立ってくると、白髪染めでも始めてみようかと思うのは当たり前のことです。まずは白髪になる要因を考えてみましょう。一過性のものであれば改善は難しいものではありません。

原因を知り適切な対処法をとることで、染める必要がなくなることがあります
■染めなくても治るもの
・強いストレスがかかっている場合。血流が不十分になり、栄養が十分にいきわたらないために、毛根が弱っている可能性があります。できれば心理的な負担を減らしていくことが必要でしょうが、頭皮のマッサージでも効果があるかもしれません。
・単なる栄養不足の場合。食生活が偏って、必要なビタミンやミネラル、タンパク質等が足りなくなっている可能性があります。こういうときは、まずは食生活から見直してみてはいかがでしょうか。ダイエット中の女性は特に気をつけましょう。カロリーを気にするあまり、他の栄養素を十分に摂取できていないことがあります。

■染めてしまった方が良いもの
・遺伝の場合。両親ともに若白髪だとすれば、生まれつきそうなりやすい体質ということが考えられます。これは残念ながら一過性ではありません。早い時期から染めることも検討してみても良いでしょう。

気になって仕方がない人は、ひとまず染めてしまっても良いでしょう。しかし、原因を知ることで、適切な対処ができれば、染める必要はありません。

Author

  • 名前:しおり
  • 性別:女
  • 年齢:25歳

25歳のしおりです。 仕事は丸の内エリアで金融関係の事務をしています。 仕事柄、お堅い人と思われがちなんですが、性格はいたって明るくお笑い大好きです! まわりのみんなにも、しおりはホントおもしろいねーと言われているんですよ。
白髪染めのパッケージには、たいてい妙齢の女性が起用されている。対象の年齢層を考えれば、そうなるのは当然かもしれないが、昨今、若白髪に悩む若者も多いのだ。もっと若い人向けの、オシャレなイメージの白髪染めが商品化されると嬉しい。

検索

△PAGE TOP