妊娠前からの継続が大切!

 私は丸二年、不妊治療のクリニックに通っていたため、同世代の不妊治療をしていない人に比べると、葉酸摂取の必要性を知るのが早く、妊娠前からずっと葉酸サプリを飲み続けていました。
 葉酸サプリは最近ではスーパーやドラッグストアでも手に入りますし、ベビー用品や育児関係のお店に置いていることが多く、入手に困ることはありませんでした。私は妊娠前には葉酸入りのマルチビタミンを摂取していましたが、妊娠後は人口サプリメントは極力減らしたいを思うようになり、マルチビタミンの摂取はやめました。ただ、葉酸で「先天性の胎児奇形を予防できる。」と知った以上は葉酸のサプリを止めるわけにはいかないと思い、「葉酸と鉄」とか、「葉酸とカルシウム」のような葉酸メインのサプリを購入していました。
 葉酸メインのサプリにも色々ありましたが、私はタブレットタイプで、ヨーグルト味のものがすごく続けやすく感じました。妊娠してあっという間につわりの辛い期間に入り、色々な味や匂いが駄目になったのですが、ヨーグルト味はさっぱりとした甘さがつわり中でも美味しく感じ、毎日一粒を楽しみに食べていた感じです。
 葉酸サプリは飲んだことで何かが大きく変わる実感があるわけではないので、それなりの出費をしてまで続けるのが難しいかもしれませんが、なにしろ生れてくる赤ちゃんのために必要な栄養素です。赤ちゃんが欲しいと思ったら、妊娠前から継続して摂取することが大切だと思います。

便秘の種類について

便秘というのは、2つの種類が存在しています。
まず、便秘に悩んでいるという人のほとんどは、機能性便秘、または常習便秘といわれる種類になっています。
普段の生活習慣によって引き起こされる便秘になっているというのが特徴的です。
例えば、ストレスを感じていて、腸の活動が低下をしてしまっていたり、食事による食物繊維や栄養素の摂取量が足りていない、運動をしていない、自宅以外のトイレでは排便を我慢しているといったことをしてしまっていると、この機能性便秘になりやすくなってしまいます。
逆にいえば、機能性便秘の場合は、原因を解消させることができれば、便秘も解消させることができるということになります。
ですから、便秘 サプリ 口コミをチェックしたり生活習慣を見直して、原因を無くすように普段から心がけることが大切です。

次に、症候性便秘という種類もあります。
この症候性便秘は、病気によって引き起こされている便秘です。
脳神経に異常が見られていることが原因であったり、甲状腺に異常がみられる、腸に関する病気になってしまっていることで、排便を円滑に行うことができないのです。
この症候性便秘の場合は、まずは病気の治療をすることを優先しなくては、便秘を改善させることはできません。

更新情報

△PAGE TOP